2012年 1月 の記事

大失態。

一昨日、しばっちのバースデーをお祝いさせてもらいました。



なんと、ろうそくを一本多くさしてしまって…

火を灯してテーブル席へ持っていく時に気がついたんです。

結局、抜くに抜けなくてそのままフーフーしてもらいました。

寛大な彼のことですから(笑)、特に気にしてない様子でしたが

ほんとごめんなさい。



そして今年の記念の一枚。

改めまして、お誕生日おめでとうです!


置きみやげ。

カウンターにポツンと一粒。



まさかの!?いくら。

当店には、イクラを使ったフードメニューはありません。

一体このコはどこから来たのでしょうか(笑)


買取金額500円。

昨日、リサイクルショップに不用品を持ち込んだところ

久々に値がつきました。

バンザーイ★

年末の大掃除でいくつか売りに出すつもりが、

あまりにガラクタ過ぎて!?残念ながら引取のみという結果に。

今回は古くなった3畳用ホットカーペットカバーを持参したところ

500円になりました。

意外にもいい値がついてラッキーな結果。

ダメもとで持ち込んでみるものですね~。


バターソルトポップコーン。

ポップコーンがフードメニューに復活します。



バターソルトポップコーン ¥400-。

ほどよい塩味とバターがクセになるね。

映画館の味!?がここにあり。

小腹がすいた時のおやつに、お酒のおつまみに、

そしてカフェメニューのお供に…。

はじけたての温かいポップコーンをどうぞ。


なばなの里、ワッフル。



レトロな缶カンがどこか懐かしい。

なばなの里よりお土産を頂きました。



ほどよいサクサク感がたまらなく美味しいワッフル。

一口サイズでこれまた調度良い。

すすむね~。

なばなの里に行く機会があったら、絶対買って帰りたくなるお菓子です。

く~ちゃん、どうもありがとう&ご馳走様です!


蟹。

カニたべたーい!なんて言っていたら、

山本家よりお裾分け頂きました。



なんとご立派な御足だこと。

解凍した晩、お裾分けのお裾分けをしようとしたら

皆さまお腹すいてないというので、贅沢にも右半分を独りじめ。

ああ、幸せなひと時。

まるちゃん、ご馳走様でした。


2012年の初詣。


 


ここは伊勢神宮の外宮。

元旦の早朝に到着しました。

そう、初詣のハシゴです(笑)

地元の神社で毎年の恒例参拝を済ませた後、

別部隊と合流して向かいました。


 


早朝までご苦労さまですね。

冷え込み厳しい明け方、参拝者の人出はそこそこ。

ピークを過ぎた頃のようで、酷い混雑はなかったです。



それにしても寒い。

車を降りて臨時駐車場の川辺を歩いている時が最も寒かった。

昨年よりはマシかも~なんて油断していたら、早朝はヤバイくらい極寒。

厚着していても空気の冷たさが伝わるほど。



まだ夜明け前の‘おかげ横丁’

お店はどこも24時間営業のようで、誘惑がいっぱいです。

お腹を満たすべく、あっちへこっちへウロウロしながら

つまみ食いタイム。



横丁の雰囲気を満喫しているうちに、空が明るくなりました。

せっかくなので、初日の出を拝みたいところ。

しかし曇空で、なかなか出てきてくれない。

残念だなぁ…。



でもなんとか帰りの車中で見えました。

初日の出を拝めたのは久々。

昇る朝日にパワーを貰いました。


年末年始。

年末年始の賑わいモードから一段落。

ちょうど一週間前の今日は何してたかしら?

と、ふり返ると…そうだった。

毎年恒例行事になりつつある、年越しカウントダウン。




大晦日から元旦にかけて、貸切パーティーしていました。

この夜だけは、普段以上にアットホームな雰囲気。



初参加してくれた新メンバーのおふたりさん★

ようこそ!我が家へ(笑)




紅白を見ながら、年末ならではな雰囲気が楽しい特別な夜でした。

集まってくれた family の皆さん、どうもありがとう。

カウントダウンの後は、これまた恒例の逆戈神社へ初詣。




お参りを済ませ、甘酒を頂きながら火のそばで温まりました。

残念なことに、またしても豚汁は売り切れてた。

今年は昨年に比べて寒くなかった気がする。

風がピューピューでなくて良かったです。


2012年、新年明けましておめでとうございます。

新年でございます。

年末から年始に変わり、時がリセットされた気分になる。

これから始まる一年は、想像つかない未知の世界ですね。

今年をまた振り返った時、『よい一年だった』 と言える日々を過ごしたいものです。

そして cafe on が皆さまにとって、一日の終わりにホッと出来る場所であるよう

日々心がけて営業したいと思います(笑)

気が向いた時は、どうぞ帰ってきてください。

そして近ごろのお話など聞かせてくださいね。

本年もどうぞよろしくお願いします。

TOP