2012年 3月 の記事

SPOON (スプーン)。

スペイン料理店ラスタパスを見つける少し前に、

次なる候補店として記憶していたスプーン。

たまたま通りかかった時、お洒落な外観とメニューボードを見逃さなかったんです。



よって、二軒目はここに決まり。

二階がメインのオープンキッチン?という珍しい造り。

見上げると外からも料理してるところが見えちゃう。


 


店内はシンプルかつお洒落な雰囲気。

さっそくワインで乾杯。



お腹をすかせてきたので、まだまだイケます。

メニューボードから目が離せない。



本日のタパスだけでも充分迷っちゃう品数。

しかもワインに合いそうなお料理ばかり。



スペイン風オムレツ トルティージャー ¥400。

この写真だけ見るとセレブなお食事風景ですが、

意外とリーズナブル。

そして美味し過ぎる。

白いソースは、ほんのりガーリック風味。

更に驚きは続くのです。



豚肉・トマト・モッツァレラチーズのオーブン焼き ¥600。



いろいろ木の子のマリネ ¥450。



ラムラック炭火焼き ¥800。



いわしとトマトのコカ (スペイン風ピッツァ)

あまりの美味しさに、調子こいて色々注文しちゃいました。

どれも絶品だったので、また来たいくらい。



ちなみに、こちらのお店はランチもやってるようです。

静岡駅前にお越しの際は、是非お勧めですよー。


『青葉おでん街』 へ続く。

スペイン・バスク料理ラスタパス。

腹時計により、晩ごはんの時間がやってきました。

せっかく静岡に来たのだから、地元にはないような料理が食べたいところ。

飲食店街を徘徊していると、裏通りに気になる看板を発見。



 


これはこれは珍しい。

本場の味を知らないが、どんなもんか興味深い。




それっぽい雰囲気の店内。

open 早々、一番でのりこみました。


 


どれも食べてみたいメニューばかり。

しかし静岡の夜を満喫すべく、晩ごはんのハシゴをする気満々なので、

一軒目は一人一杯一品オーダーという出だしとなりました。



厳選したタパス、まずは白レバーのパテ パン付き¥680。

100羽に1つしかとれない貴重な白レバーらしい。

またしてもレバー嫌いを克服できました。

個人的には少し後をひく味だけど、ギリギリOK。



続いて、アショア ¥900。

バスク地方の伝統家庭料理、牛肉と野菜の煮込み料理だそうで。

見たことない食べたこともない不思議な野菜たちがいた。

割と薄味の煮込みでトマトソース風。

当然、馴染みのない味です。



三品目は、イベリコ豚の焼ソーセージ ベルギー産フライドポテト添え¥950。

一番食べやすかったタパスです。

ジューシーで手作り感満天なソーセージでした。

あいや~、もっと冒険してみたいところですが、、

静岡の夜はこれからってことで、またの機会に。


『SPOON (スプーン)』へ続く。

静岡市の繁華街へ。

3月25日、日曜日の昼さがり。

いよいよ静岡市の繁華街へ突入しました。



ここは静岡駅前から続く商店街と交差する青葉通り。

昨年秋頃、護国神社へ行った帰りに立ち寄ったことがあるので、

記憶に新しい場所です。



以前はサンバカーニバルのイベントが開催されていましたが、

今回はラジオ局主催のイベントらしい。


 



B級グルメの屋台が軒を連ね、美味しい誘惑がいっぱいの危険な通り。

先ほどまでの閑静な雰囲気から一変。

賑やかで活気に溢れてる。



ヒヨコがうじゃうじゃいたり…



ラクダもいる。

一回500円で乗っけてもらえる。



注目の的です。

イベントの雰囲気を楽しみながら街ぶらを。

そこそこ歩き続けたので、ティータイムです。



チョコクロ食べたさにサンマルクカフェへ誘導しちゃいました。

昔むかし、東京に住んでた頃よく買ってた。

豊橋にはないお店なので、もはや懐かしの味と化している。



ああ、久々のチョコクロよ~。

相変わらず美味しいじゃないか。

おやつの後は、静岡市美術館へ。



施設内は白を基調とした近代的でお洒落な空間。

展示の作品たちも見応えある数で、入館料600円の割には充分楽しめました。

その後は静岡駅前のパルコでお買い物。

なんとかセールの最終日で、少しお安くなってました。


『スペイン・バスク料理ラスタパス 』へ続く。


静岡浅間神社。



相変わらず閑静な商店街を歩きながら、次のポイントへ。

浅間神社へやってきました。




静岡浅間(しずおかせんげん)神社、通称おせんげんさま。

正確には、神部(かんべ)神社、浅間(あさま)神社、

大歳御祖(おおとしみおや) 神社の総称。

3社はいずれも独立の神社として、祭祀が執り行われているそうです。



ここも人の気配が殆どなく、閑散としてる。

晴れていても風が冷たく、寒い日曜日だからでしょうか!?



3本社の境内には、麓山(はやま)神社・八千戈(やちほこ)神社・

少彦名(すくなひこな)神社・玉鉾(たまほこ)神社が鎮座。

境内は広いので全部まわるのはよして、さくっとぶらり。


 


写真には細かく写ってないですが、実際の各社は

ゴージャスでカラフルな印象です。



かなり急斜な階段を発見。

下から見上げた時、あまりの角度に危険を感じるほど。



その向こうには何があるのか?気になって、上ってみましたが…

次の神社が鎮座し、その先も参道が続いてる。

キリがない。

今日のところはこの辺で引き返します。



急斜に用心しながら、ゆっくりとくだるべし(笑)

おせんげんさまへ来たおかげで、食後の散歩にしては

距離を稼いだ気がしました。


『静岡市の繁華街』 へ続く。

静岡おでん‘おがわ’。




ここは静岡市葵区馬場町、浅間通り。

日曜日の昼時だというのに、ご覧の通り閑静な商店街。



昼食のお時間です。

静岡といえば、おでん!じゃないですかー。



人の気配があまりないからと油断していたら、店内は満席。

さすが…老舗有名店。

入口の道端で、しばしおあずけ。



古き良き店内が、どこか懐かしい感じ。

アットホームな雰囲気。



創業以来約60年、ずっとダシを継ぎ足して使用しているという

伝統と歴史の産物。

まさに‘年代もの’です。



おでんの具は、天井からぶら下がっているメニューボードを見ながら

注文すると、おばちゃんが皿に盛ってくれます。

勿論、ネタを指差しながらあれこれ言ってもOK。



静岡おでんの特徴は、以下の通りだそうで。



特に青のり・だし粉をかけるのが気に入りました。

注文したネタは、どれも深みのあるお味で

とっても美味しかったですよ。


 


お会計は串の本数で勘定。

おばちゃん、そろばんで計算しています。

全てにおいてローカルな雰囲気が心地いい。



お土産用の静岡おでんラスク ¥250-。

買ってきました。

試食したら結構イケるんですよ、これ。

ちなみにこちらのお店、全国へおでんの宅配してます。

30本程度のセット ¥4,000-。

40本程度のセット ¥5,000-。

税込み、おがわ特製スープ付き。

冬場のホームパーティーにはもってこいですね。


『浅間神社』 へ続く。


街ぶら静岡市。

この頃、西へ東へ忙しい chika です。

今月の街ぶらは、静岡市へ。

静岡県といえば訪れるべき観光地が多いですが、

そこをあえて静岡駅周辺の街歩きを目的に。

ローカルな雰囲気を満喫すべく、出向いたわけです。

3月25日(日) 正午まえ、もうすぐ静岡市街地へ到着の頃。



豊橋から国道で2時間くらいのドライブ。

前方にドドーンとマウントフジ。



そうだった、ここは静岡。

街事情ばかりに気をとられていて、富士山のことをすっかり忘れていたんです。

晴れてて良かった。

到着すると、先ずは高いところから市街を眺めようと

展望フロアがあるというビルへ。



てっきり展望ビルだと思って訪れた場所ですが、

実はここ…



静岡県警。

ほんとに展望フロアがあるの???と思いながらも

堂々と入ってみました。



入口付近の受付で職務中のおまわりさんが、最上階への

直通エレベーターで上がるようにと案内してくれました。

ちょいと失礼します。



この建物は県庁別館のようですね。

静岡市へ到着早々、警察本部にお世話になるとは(笑)

それらしき課の案内看板を見ながら、21階まで一気に昇りました。



なかなかの眺め。

展望ロビーともあって、四方から静岡市街が見渡せる構造。



上から目線はこんな時くらいです。



高層ビルの向こうには、遠目で海が望めます。

この景色を無料で楽しめるとは、恐れ入ります静岡県警本部。



展望ロビーに習字の展示がしてありました。

おそらく地元の小学生が、静岡にちなんだ文字を書いたのでしょう。

それぞれ特徴ある作品!?ばかりでしたが、上の写真は

個人的に気に入った誰かさんの字です。


 


県警ビルは、駿府城(すんぷじょう)跡の外堀と中堀の間に建っています。

この辺りは官庁や学校などの公共施設が立地し、

写真のように中堀沿いは歩道が整備されていて、

中堀の内側にある旧本丸・二の丸は駿府公園となっています。



歩道沿いに建つ合同庁舎の看板が気になりました。

‘静岡アルコール事務所’

アルコール事務所とは?はて、何するところ??

ネットで検索しても業務内容がイマイチ不明でした。


『静岡おでん‘おがわ’』 へ続く。

HALF PINT (ハーフパイント)

我が家の新アイテム紹介が続きます。



小さいサイズの牛乳パックを形にしたミルクピッチャー。

衝撃の一目惚れ。

使い方は…



こんなんだったり。



こんなんだったり。

皆さま、是非ともアイスココアを注文してください。

登場の機会に注目してみてくださいね。


TREASURE MUG (トレジャーマグ)

変わり種が好きな chika です。

田舎暮らしでもボタン一押しでお買い物できちゃう、便利な世の中です。

せっかくだから送料無料にしようと、あれこれ物色していたら

見つけちゃいました。



埋もれているように見えるマグカップですが…

そうではない。



斜めってるんです。

変わった形なのに抜群な安定感。

これはこれは不思議ちゃんです。



色はホワイトとブラウンの二色。

只今、出番待ちしています。


肉食系女子会。

まだまだイケます、深夜の焼肉。

ほんとは閉店後にラーメンを食べに行く予定が、、

あてが外れて急遽焼肉店へ。


 


お腹がすいてる時の焼肉って、妙なテンションになる。

大食い選手が集えば、テーブルも豪華です。



午前3時過ぎの食卓とは思えないくらいの盛り食い。

胃もたれなんて、しないしない♪

朝4時ラストオーダーとは嬉しいぞ。

しかも、注文した品はどれも美味しかったです。

LOVE & BEEF !!!


プレゼント。

昨日、一昨日と誕生日のお祝いにご来店頂いた皆さま

どうもありがとうございました。



たくさんの方々から頂いたお祝いの言葉とプレゼントの数々。

私ごときに気を配ってもらえて、ホントありがたいです。



これは鎖型のワインボトルホルダー。

超かっちょいー!!インパクト大ですよねぇ。

このような斬新ネタ、実は大好物です (^O^)/

これまで頂いた物たちには、それぞれ歴史があります。

それらを見る度に、語れる記憶が沢山ある事を幸せに思います。

今年頂いた記念の品々と素敵な思い出も、末永く大事にしていきますね★


TOP