2013年 4月 の記事

2013年 G.W 営業日のお知らせ。

いよいよ大型連休突入ですね!

当店の営業日と臨時休業日のお知らせです。


▼4月28日(日) 定休日


▼4月29日(月) 通常営業 (20:00 open)

▼4月30日(火) 通常営業

 

▼5月1日(水) 臨時休業日

▼5月2日(木) 臨時休業日


▼5月3日(金) 通常営業 (20:00 open)

▼5月4日(土) 通常営業

 

5月5日(日) ビアガーデン (17:00~24:00 open)

5月6日(月) ビアガーデン (17:00~24:00 open)

⇒当店駐車場にて開催。お車でお越しの方は、向い側のガスショップ南部さん駐車場へ。

 (店内のお席でもお寛ぎ頂けます。)

 ドリンクは店内にてグラスと交換で、その都度ご購入頂くシステムです。

 生ビール・カクテル・ワイン 600円~/ソフトドリンク・カフェメニュー等 500円~

 店外にフードコーナーの出店があります。


▼5月7日(火) 以降、通常営業

お出かけのお帰りは是非当店へ。

皆さんのお越しをお待ちしています。

今年一発目のビアガーデン★

cafe & bar on “BEER GARDEN vol.3”

◆2013年5月5日(日)、6日(月)

◆17:00~24:00 OPEN (雨天の場合は延期)


毎年恒例行事になりつつある“お外で飲むかい(会)” を

当店駐車場にて開催します!

暑くもなく寒くもない5月の夜、とびきり心地よい気分になってみませんか?

生ビールやカクテルは勿論のこと、珈琲・フレーバーラテ・ソフトドリンクなど

73種の豊富なドリンクメニューを取り揃えてお待ちしてます。

また、会場にはフードの出店もあります。



◆7テーブル30座席 (店内の席もご利用頂けます)

◆お車でお越しの方は、当店の向い側とゲームセンター正面の

ガスショップ南部さん駐車場へ。

◆ご来店時、ファーストオーダーに限り

1ドリンク+1フード ¥1,000-

ドリンクの追加注文は店内にてグラスと交換でお願いします。

ご注文ごとにお会計となります。

【ビール・カクテル・ウィスキー・他 ¥600~】

【珈琲・フレーバーラテ・ソフトドリンク ¥500~】



お出かけのお帰りに是非お立ち寄りくださいね!

2013年 G.W 営業日のお知らせ。

もうすぐゴールデンウィークですね。

皆さん連休の予定は立ててますか?

当店は4月28日(日) 定休日、

5月1日(水)・2日(木)を臨時休業日とさせて頂きます。

代わって5月3日(金)~6(月)を全力で営業します♪

また、5日(日)・6日(月)は、当店駐車場にてビアガーデンの開催が決まりました!

普段とは違った雰囲気&営業スタイルでお楽しみ下さい。

※詳細は追ってお知らせします。7日(火)以降は通常営業です。

お出かけの帰りに是非お立ち寄りくださいね。


広島旅行記⑪帰路へ。

2013年3月19日(火)



宮島桟橋から宮島口まで乗船します。

車も運ぶ大型船で約10分。



JRの船なので、宮島口駅から広島駅までの切符と一緒に乗船券を購入できます。

山歩きでほとほと疲れたので、電車移動の30分間は爆睡しちゃいました。

16:00過ぎ、広島駅よりこの旅最後の目的地へ。




ツアー特典で、お好み焼きの無料チケットを頂いたんです。

選択制で宿泊ホテルのフロントにて受取りました。


 


3Fフロアのお店ならどこでも使えるチケット。

16:40 晩ご飯には早い時間なので、フロアは貸切状態。



なんとなくこのお店を選びました。

入りやすい雰囲気だったので。



本場の広島焼きは、やっぱりそばがメインな感じで。



おやつ感覚で一枚ぺろっといけちゃいますね。

美味しかったです。

広島旅行記⑩宮島の主峰‘弥山’後編。

2013年3月19日(火) 午後



ロープウェイで弥山(みせん)山頂終点駅に到着。

標高433mから瀬戸内海や原始林の絶景を楽しめる…はずだった。



あいにくPM2.5の影響で霞んでる。

白くて眼下に浮かぶ島すらはっきり見えない。

雨女だけに、こんなに晴れただけでも良しとしよう。



ここには数多くのパワースポットが点在しているという。

先ずは山頂を目指して空中散歩。



展望台まで(30分)←心してかかります。



山道を歩き始めて暫く、すれ違う人たちが息を切らしながら

疲れきった様子で上ってくる。



出発地点から暫く下り道が続き、後はひたすら上る。

道は整備されているけど、時々足元に注意が必要で

意外にも険しい道のり。



久々の山歩きなので、所々休憩しながら進みます。

既に全身がだるいような…。



ダイナミックな岩は、何かのきっかけで転がってきたようにも見える。

急な階段や坂道をずっと上ってきたところへ安息の広場が。



弥山本堂の向い側、消えずの霊火堂。

弘法大師が修行に使った火が、1200年以上経った今も霊火堂の中で

燃え続けているという。

こちとら汗だくで全身が燃焼してる。

しばし休憩。



展望ポイントまであともう少し、、重たい体にムチ打ってどっこいしょします。

くぐり岩と呼ばれる奇岩まで到着。



自然が創りだした巨岩のアーチ。

そのダイナミックなスケールに圧倒される。



偶然にしては上手いことできてる。

そろそろ頂付近らしき気配。



最後の最後でこの心臓破りな階段を上れば、

いよいよ山頂から日本三景が…。



て、やっぱり見通し悪し。

ここでも残念ながら奇跡の景観を拝めず。

見晴らしの良い日には遠く四国連山も望めるという。

更なる不運は展望台が解体中らしい。



標高約535mの山頂は、巨大な岩場だった。

弥山山頂マップには‘視界を遮るもののない大パノラマ’とあるが、

いきなり岩が視界を遮ってるんですけど。



しかも必死でよじ登らなくては上にはいけない。

女子と老人には正直キツイ。

怪我したくないので、手前の手頃な岩場へ上がってみました。

手頃とはいっても、私の身長を軽く越える高さの岩。

ただ、比較的足場が安定してて上りやすい感じで。




ここにも野生の鹿がウロウロしてる。

でも町中の鹿よりちょっとワイルド!?

人には慣れているけど。


『広島旅行記⑪帰路へ』 続く。

広島旅行記⑩宮島の主峰‘弥山’前編。

2013年3月19日(火) 早朝



ゲストルームからの朝日が気持ちいい。

広島旅行3日目の最終日は上々なスタート。



ポカポカな陽射しで猫も気持ち良さそう。

早目のチェックアウトで、ホテル前の桟橋より再び宮島へ。

am9:30 出航→am10:00 宮島到着。



朝早くから観光客が続々と上陸してる。

朝ごはんがまだなので、早速。


 


宮島の新名物といわれる‘ぺったらぽったら’一つ300円。

炭火で焼き上げたご飯はカリっと香ばしく、中はモチモチとした食感。

甘口の醤油たれで味付けた牡蠣がのってる。

牡蠣の他に穴子もあります。

そして宮島の焼き牡蠣処といえばここ。



トッピングの焼き牡蠣が美味しいとTVで紹介されていた。

各種250円。


 


どれも食べてみたいけど、厳選して4品を注文。

ガーリックバターが特に美味しかった。

その後、食欲に火がついたので少し早目のランチを。



宮島は穴子も名物なんです。

朝ごはんをつまんでから1時間後に昼ご飯と忙しない感じで(笑)



さて、いよいよ目的の弥山(みせん)山頂を目指します。

古い町並みに趣を感じながら、ロープウェイ乗り場へ。

裏路地から商店街を抜け、森の中へと続く山道に入ります。



ゆっくり歩いて8分らしい。



商店街からロープウェイ乗り場まで無料の送迎バスが運行しているようだけど、

元気があるうちは自力で登ろうじゃないか!と、はりきったばかりに少し後悔した。

8分じゃ着かないよ。

いや、実際はそのくらいかもしれないが、それ以上かかってる気がする。


 


山の空気と緑が気持ちいいけど、上り階段や坂がね…きついのね。

汗ばむ陽気のおかげで余計に汗ばむ。



乗り場まであと一息のところ、あまりに川の水が綺麗なので一服。



こういう風景を見ると、がんばって歩いて良かったと思う。

結局、寄り道してたら20分以上は経ったはず。

やっとロープウェイに乗り込みます。



調度お昼時ともあって、利用者が少なめな様子。

グループごとに1ゴンドラで乗せてくれました。

本来は8人乗りだけど、他のお客さんと乗り合わせることなく

ゆとりの乗車が嬉しい。



中継地点のかや谷駅まで10分間の乗車。



ゴンドラはゆっくりと登っていきます。

景色を楽しみながら、のんびり時間。


 


中継地点で大きめなゴンドラ(30人乗り客車)に乗り換えます。

さすがにこれは貸切乗車とはいきません。

およそ4分で山頂駅に到着。

ロープウェイの乗車料金は往復1,800円と少々お高いけど、

それなりの満足感があって良いと思いました。

ちなみに登山道を地道に歩いて登ると、山頂まで約2時間くらいだそうです。


『広島旅行記⑩宮島の主峰‘弥山’後編』 へ続く。

広島旅行記⑨広島の夜。

2013年3月18日(月)

ホテルフレックスのカフェ‘キャトラントトロワ’を後に、10分程歩いて広島駅へ。

次なる目的地はマリーナホップというアウトレット。

買って食べて遊んで一日中楽しめる中四国地区最大級のモールらしい。

バスに揺られること約40分で到着。

海とヨットハーバーに隣接した大型ショッピングモールという割には、

そんなに広くないような…。

一応、遊園地もあるようだけど、長島ほど大掛かりではない感じ。

月曜日の17時という中途半端な時間だけに、お客さんが殆どいない。

とにかく歩き疲れたので、ぺったんこの靴を購入しました。

19:00 辺りがすっかり暗くなった頃、帰りのバスを待つ間

ベイフロントに建つJカフェで一服。



ハワイをテーマにしたエキゾチックな大空間。

ステージがあってライブやイベントもあるようです。

雰囲気的に夏の方が開放感UPで楽しそう。


 


ランチやティータイムとは打って変わり、暗めの照明でとってもムーディー。

ゆったりめなソファーでマッタリすると、立ち上がるのに気合がいる。

時間と雰囲気的にお茶だけして帰るのは申し訳ない気がして、

料理を一品注文しました。

マリンリゾート感を満喫した後は、再びバスに揺られて広島駅前へ。



ここは広島駅前にあるビルの6階。

フロア全体が一杯ひっかける的な雰囲気のお店ばかり。



目当ての店は、先日TVで紹介されていた‘電光石火’。

フロアで一番の人気店らしい。


 


先ずは、つまみで一杯。

これぞまさに鉄板焼きの醍醐味。



そして焼き上がりを待ちます。

広島風お好み焼き‘電光石火’



店名と同じ看板メニューだけあって、拘りを感じる一品。

野菜の甘みを閉じ込める為、押さえずに空気を入れて焼いているという。

ふんわりとした生地と柔らかい麺とのバランスが絶妙。

ふわふわの玉子で包み込み、中には刻んだ大葉が良いアクセントになってる。

お値段は少々高め(1枚1,000円くらい)の設定だけど大満足。

ほろ酔いイイ気分なので、広島駅より20~30分歩いて川沿いへ。



マリーナホップより乗車してきたバスから一瞬見えた素敵スポット。

川辺のキラキラを目指し、来た道を辿りながらの散策。



水辺のオープンカフェ‘京橋リバーウィン’。

オープンカフェというだけでついつい寄りたくなってしまうのに、

川沿いというのが更に魅力を感じる。

水辺で一杯やろうとしたら、残念ながらラストオーダーの時間を少し過ぎていた。

それにしても、21:30ラストオーダーは早くないか!?

諦めてホテルへ戻ることに。

この時間、ホテル行きのバスは既に終わっているので

路面電車でひたすら移動し、最寄の駅から徒歩20~30分歩いて帰ります。



終点広島港へ着く頃には、乗客が私達だけになり貸切状態。

まだ23時前だというのに、この時間は人の気配が薄いようです。

広島の路面電車(広電)は3両編成という長さ。

そして、どこまで乗っても150円という安さに驚いた。


『広島旅行記⑩宮島の主峰‘弥山’前編』 へ続く。

広島旅行記⑧市内観光とイチオシ店。

2013年3月18日(月) 広島の旅、2日目の朝は春の嵐。



なんと、絶望的な天気。

猛烈な風と横殴りの雨で大荒れ。

地域によっては暴風警報が発令されてる。

orz あたくし、旅行すると悪天候にあたる確立が高いのです(泣)

午前中は諦めてホテルでゴロゴロ。

いい加減お腹が空いてきた昼頃から動き始めました。

ずぶ濡れ覚悟、なるべく最小限の動きで行きたいお店へ。

バスに乗り込み市街へ向かったところ、次第に風と雨が弱まってきた。



八丁堀にあるここ‘くにまつ’は、普段から行列が出来る人気店らしい。

悪天候に少しばかり感謝。

汁なしタンタン麺580円がイチオシというので早速。



辛さは段階で選べるようです。

コクのある辛さがとっても美味しい。

行列が出来ちゃうのも納得。

タイミング良く来れてラッキーだった。

さて、美味しい昼食に大満足した後、外に出てみると雨が殆ど止んでる。

くにまつより10分程歩いて広島城へ。


 


城内を観覧しているうちに、すっかり晴れてきた。

今朝の嵐が嘘のよう。



予想外の好転が嬉しい。

気温も上がってきて、すっかり汗ばむ陽気。


 


ポカポカな陽射しに春を感じる。

散歩がてら更に20分くらい歩いてホテルフレックスのカフェへ。


 


モダンな都市型デザイナーズホテルの1階フロントに併設のカフェ。

以前ここに宿泊したというお客さんの情報により、是非来てみたいと思ったんです。



せっかくなのでテラス席へ。

ダメもとで店員さんにお願いしたら、晴れてきたのでと言って

開放してくれました。



川沿いに建つのでオープンテラスからの眺めがいい。

インテリアもお洒落で雰囲気抜群。

居心地良くてずっと居座ってしまいそう。



宿泊者はこのカフェで朝食を頂けるとか。

朝食のパンが美味しいと聞いていたけど、

ティータイムのメニューも絶品。



衝撃的な美味しさのパンケーキ。



大判だけどサクサク頂けて、あっという間に完食してしまった。

時間があったら翌日また来たいと思ったほど。

広島市街に宿泊する機会があるなら、次はこのホテルに泊まってみたい。


『広島旅行記⑨広島の夜』 へ続く。

広島旅行記⑦牡蠣小屋鉄ちゃん。

2013年3月17日(日) 18:00過ぎ。

グランドプリンスホテル広島より広島港へと向かいます。

歩くと20~30分というので、迷わずバスに乗車。



広島港前にある広島みなと公園内に牡蠣小屋があるという。

TV番組(ヒルナンデス)の広島特集で紹介されていたんです。



3月15日(金)~3月31日(日)までの期間限定。

仮設的な造りがいい感じ。



入口付近でネタを購入し、席へ案内してもらいます。




店内は煙モーモーなので、ジャージで来れば良かったと後悔。

親切なスタッフの皆さんが焼き方をレクチャーしてくれます。


 


焼き牡蠣(約1kg)一盛1,000円と良心的なお値段。



広島の牡蠣は全体的にプリプリの大粒で激旨。

アワビやイカ、穴子なんかもあってどれも美味しそう。



冷めてしまった牡蠣ご飯を温めてみた。

殻に残った牡蠣汁がご飯に染み込んで、より一層美味しい。

200円で追加購入したピリ辛の漬物を乗っけて、新しいメニューが出来ちゃったかも。

焼き始めて暫く経った頃、振り返ると奴が踊っていた。


 


広告チラシや看板などで度々目にするミルキー鉄男だ。

首からレモンをぶらさげ、背中には牡蠣の殻をしょってる。

せっかくなので記念撮影。



ミルキー鉄男のキメポーズは、右斜め45度らしい(笑)

どこの席でもこの角度。

手が生暖かかった。


『広島旅行記⑧市内観光とイチオシ店』 へ続く。

TOP